中学受験(子育て)

中学受験の良いところは、親子の絆を深められるところ

おぐち恵子です。

メルマガやブログで中学受験に関する
ご相談にお答しています。

(メルマガにご登録いただいた方に
限らせて頂いております。)

ご質問の答える前に、1つ申し上げたいこと。

私が思う中学受験の良さです。

中学受験で大切なのは

合否の結果ではありません。

中学受験の良いところは、

親と子が共通の目標に向かって

共に力を合わせられる、最高の絆作りが出来るところです。

ここから外れると、

小学生に受験させるのは

とっても辛いことになってしまいます。

では、今回のご質問にお答えしますね。

記事更新の間が空いてしまって
すみませんおじぎ

では、今回のご質問にお答えしますね。

smile-kids

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【ご相談】受験結果で子どもが落ちこんでいます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちはとも稼ぎの夫婦です。
小学校の授業が終われば学童に預けていました。
しかし、小学4年生になり
学童に通うことが出来なくなり、
かわりに塾にいかせるようにしました。

その流れで中学受験をさせたのですが。
志望校には合格させることが出来ませんでした。

ここで質問ですが、
親としては子どもの預かってもらう場所として
塾に行かせていましたが、
本人としては和気あいあいした学童から、
競走の社会に入り違いに戸惑ったのだと思います。

ここで、親としてはその戸惑いと
どのように付き合えばよかったでしょうか。

また、私のほうから中学受験の
熱が強くなったところもありますが、
息子のほうもがんばると言っていました。

その分志望校に受かることできず落ち込んでいました。
親としてはその場面にどのように対処したらよかったのでしょう。

baby-hand

 

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆回答~親の気持ちが子どもに影響します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まず、ご質問の後者からお答します。

お子さんが「頑張る」と言っていた
中学受験に残念だったときの対処について。

ご質問者の方が、ご自分で

「私のほうから中学受験の
熱が強くなったところもありますが、」

でおっしゃっているように

子どもは親の気持ちを敏感に察知する

ものです。

小学生のお子さんが中学受験の
意義など心底理解できるでしょうか?

子どもが眼にしているのは

「自分の大好きな親が自分を受験させたがっている」

ということ。

お子さんにとって、中学受験を頑張るというのは

親の期待に応えたいから

という気持ちからなんですよね。

この時期のお子さんの気持ちは、
親御さんの心のありようの反映です。

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

 

中学受験で第1志望に受かるのは
わずか3分の1程度(首都圏)。

過半数のお子さんが、第一志望には行けないのです。

ということは

「受かっても受からなくても気にしない」

という気持ちを、親御さんが持っていることが
大切ですよね。

親御さんが

「勉強を頑張るという経験のために

受験してみようか、

合格してもしなくても、ママは気にしないから」

そんな気楽な気持ちでお子さんに働きかけていたら

お子さんの落ち込みは、それほど強くないはずです。

中学受験は、親と子の両方が絆を深め
成長できる、そのチャンス。

結果は二の次。

そんな風に親御さんご自身が思っていたら、
お子さんのがっかりも深くないはずです。

小学生であれだけの過酷な中学受験勉強を
やったのです。

結果ではなく、そのプロセスをほめてあげましょう。

 

rose-pink0811

最初のご質問の、学童と受験の塾は全く別もの。

確かに戸惑うとは、思いますが

お子さんの適応力は大人に比べれば高いので

受験まで通えていたのなら

お気になさるほど、問題ではなかったと思います。

一番気になるのは

お母さまご自身が、今もお子さんの中学受験の結果を
気になさっていることが文面から感じること。

それでは、お子さんも合格できなかった自分のことを
責めてしまいますよ。

中学受験は、学歴の最終結果ではありません。

卒業中学は履歴書に書く必要すらありません。

この記事の文頭に書きましたが

中学受験で大切なのは

合否の結果ではありません。

中学受験の良いところは、

親と子が共通の目標に向かって

共に力を合わせられる、最高の絆作りが出来るところです。

共働き家庭なら、なおのこと。

お子さんとの楽しい思い出作りの一環として

取り組んでほしいと思います。

まだまだメルマガで
無料ご相談サポートしております。

お気軽にご相談下さい。

直近のメルマガは、

「中学受験女子御三家桜蔭に合格するも入学辞退した我が家の事情」

ご登録いただければ、
バックナンバーとしてご覧いただけます。

プレゼント中学受験へのご質問無料サポートのメルマガ

メルマガ登録フォーム
 

 

メルマガ

-中学受験(子育て)